2016年8月16日火曜日

ロイヤルの新たな可能性「宝杖の司令官」

 今日はロイヤルの新たな立ち回りを作りだすカードについて。

 その名は…宝杖の司令官




 どんなフォロワーかと言うと、まずスペックが3PPの3/2です。
 攻撃重視タイプで、1/3の敵まで有利です。

 ロイヤルお得意の進化時効果を持っています。
 味方の兵士を一体選び、+2/+2します。
 他の進化時フォロワーと同じで、進化時のスペックは4/3に抑えられています。


 で、このカード。評価の低い代物でした。

 原因としてはフェンサーです。
 フェンサーはEPを使わなくても出すだけで味方を+1/+1して、自分のスペックは2/2なので、使いやすさはどう考えても上です。
 単純にフェンサーのスペック数値は3/3のようなもので、1/1の部分は味方に行動させることができるので、特に先攻では強力なカードなわけです。

 進化時効果を持っているが3PPというところにも問題があります。
 進化のターンが来る前に3~4ターン目で出すという展開になりやすい。

 普通に進化しても+2/+2されるんだから、数値的には自分が進化して上がる+1/+1しか得してないじゃないかというのがよくある定説でした。


 ところが僕の評価を一変させる出来事がありました。

 2Pickの実装です。

 このルールでは要らないゴミカードでも仕方なくデッキに入れなければならないことがあります。

 要するに自分で全てのカードを使う機会が与えられていて、色々なカードをその場の思いつきで使うわけです。

 その中で、宝杖の司令官でなければ捌けないシーンが実際にあったことが、評価を見直すきっかけになりました。


【例】

 相手 2/3 2/3

 自分 1/1 【何かを出したい】


 4T以降の場面で、自分はクイックブレーダーと3コスを持っています。
 進化を使って、手数を維持しつつ、対面の相手を更地にして切り返したいとします。
 このような状況があるとして、味方を1体も犠牲にせずに3PPと進化で敵全員を更地にできるのは宝杖の司令官だけです。

 このような状況になるのは、例えば死の祝福やお守り隊+セージコマンダーなどです。
 フェンサーやわがままプリンセスやノーヴィストルーパーなどではどうやっても相手が残るか自分が1人になってしまいます。

 宝杖の司令官を出して進化し、クイックブレーダーを強化した場合、以下のようになります。


【例2】

 相手 2/3 2/3

 自分 3/3 4/3 


 これで味方2人は一撃で死ななくなるので殴るだけで捌けます。
 クイックは進化したも同然なので2/3まで有利。これは大きいです。

 ロイヤルが非常に苦手に感じる2/3を2人並べられても、問題なく捌ける。
 これは実戦でかなり有用だと感じました。



 とまあ、こういうわけで宝杖の司令官を僕は3積みしているわけです。

 思ったより足を引っ張らないのでかなり使えます。
 ヴァンガードにバフなら3/4なので敵の3/3まで有利が取れます。
 フローラルフェンサーが引けない時のサブの選択肢として優秀だと感じました。

 ゴールドレアの価値、ありますよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿