2016年7月25日月曜日

デッキ紹介:W進化ロイヤル

 本日は新しいデッキの紹介です。

 その名も「W進化ロイヤル」です。




 ゴブリン
 ヴァンガード
 オースレスナイト
 不屈の兵士
 メイドリーダー
 アセンティックナイト
 フェンサー
 わがままプリンセス
 フローラルフェンサー
 剣豪
 激励の舞
 ロイヤルセイバー・オーレリア
 セージコマンダー
 海底都市王・乙姫


 特徴としてはフローラルフェンサーと剣豪の同時採用です。
 これにより進化時に効果のあるフォロワーを2種類備えています。
 その場の盤面により選択肢を切り替えることから「W進化」と名付けています。

 進化の切り替えの基準は簡単です。
 相手に攻撃力4以下が出たら体力5のフローラルフェンサー進化で1撃耐えられるから出す。
 相手に攻撃力5以上が出たら剣豪での効果でキルが取れるから出す。

 いたってシンプルですが非常に効果的な択として機能します。


 他の特徴としては、疾走を排除したことが挙げられます。

 疾走持ちは確かに出たターンに攻撃できますが、スペックが大きく下がってしまいます。
 特に体力が不足するのは重大な欠点として認識されていました。

 あえて疾走を外すことによってデッキ全体の体力を上げ、枚数を減りにくくして、中盤から激励の舞やセージコマンダーで決定打を取りやすくすることに成功しています。

 ゴブリンを採用しているのはきちんとした理由があるわけです。


 5コストにオーレリアが入っています。

 これは4~6ターン目は進化の撃ちあいになることを念頭に、並べた手数を守るための防御用として用意したものです。
 歴戦のランサーでこの時間帯は何もできないことが多かったので、中コストの守護で最もスペックの高いオーレリアに切り替えました。

 3コス以下が24枚も入ってるので事故を意識してわざわざ2コスを増やすまでもないというところもあります。


 ちなみに無料でも作ることができます。

 乙姫→ノーブルナイト
 オーレリア→天剣の乙女
 フローラルフェンサーはソロプレイ6章をクリアする

 これで課金なしでデッキ構築ができます。性能は下がりますが無課金にしては十分すぎる。

0 件のコメント:

コメントを投稿