2016年7月23日土曜日

ロイヤルの救世主、「剣豪」

 まずは前フリから。

 ロイヤルの速攻系、いわゆる疾走で攻め立てる軽量ロイヤルとかが増えたせいで対策も増えました。

 中でもゴブリンマウントデーモンはロイヤルにとって重大な脅威であり、簡単な対策として機能することから多くのデッキに3積みされるようになってきました。



 例えば自分が後攻で4T(以下、Tとはターンのこと)にフローラルフェンサー進化などで相手を蹴散らし、盤面にフォロワーを並べたとします。

 対面の先攻は5Tでゴブリンマウントデーモンを出して躊躇いなく進化してきます。

 そのスペックは脅威の5/9守護で、4/5のフローラルフェンサー進化は一撃で蹴散らされ、それでもなお5/5守護が残るという恐るべき壁が立ちはだかることになります。

 仮に倒したとしても後攻5Tで何かしら手数を消耗してしまうので、手間取ればロイヤルの強みである手数を生かした集団攻撃ができなくなってしまいます。

 一体もこちらの手数を減らすことなく、むしろ消耗した分を増やしつつ、ゴブリンマウントデーモンを処理出来たらおいしい。そう思いませんか?

 ちなみに5Tなら猛襲やイクスキューションも使えますが、ろくな手数が増えてくれません。

 猛襲ならナイト出ますが1/1で次のターン有利取れるんですか? ってなる。

 単体除去スペルでどうにかするという発想はロイヤルだとあまり向いてないわけです。



 ツバキやジャイアントスレイヤーという選択肢があります。
 どちらも攻撃力5~をキルできるもので、ツバキはフォロワーが出るし、ジャイアントスレイヤーは3PPで回ります。

 しかしツバキは6PPです。5Tでは使えません。相手に致命的な1ターンの猶予を与えてしまうことになります。弱くはないですがロイヤルの実情には合わない。



 ジャイアントスレイヤー→フォロワー出しは手札を2枚使う上に、5Tだと続けて2コストフォロワーしか出ません。

 このカードに3コストの枠を割くと3Tでジャイアントスレイヤーが出て、当然3Tに攻撃力5なんてめったに出ないから、派手に事故るってことになります。

 これでは根本的な解決とは言えません。

 というかぶっちゃけ弱いです。

 攻撃力4以下を駆除したいときなんていくらでもあるのに、手にあるものがフォロワーなら進化でどうにでもなるものを、スペルだったせいで何もできずにターンエンドって笑えない事態が出てきます。

 そのあたりを考えても融通が利かないジャイアントスレイヤーは使いにくいと思います。

 


 そこで颯爽と現れるのがKENGOUです。

 この剣豪は進化時の効果でジャイアントスレイヤーを撃つことができます。

 もちろんEPは使いますが4PPで5/4進化を出してさらに3PPのジャイアントスレイヤーを同時に使えるわけだから、コスパがとても良いのです。




 しかし、剣豪は「弱い」と言われていました。

 というのも「攻撃力5が出ない試合では意味がない」ということがゲームの初期には多発したからです。

 スペルウィッチや冥府エルフばかり流行っていると出番なしでした。

 現在では前述のようにゴブリンマウントデーモンなどが幅を利かせているので、非常に活躍の場が増えました。

 環境の変化がようやくKENGOUの正しい評価を作り出しつつあると言えます。


 また、「フローラルフェンサーと剣豪はどちらも進化時フォロワーだから、役割がかぶってしまうのではないか」という懸念もあるかと思われます。

 ですが、実際に試合をしていると「手数が足りなくなってフローラルフェンサーを進化させたい」「攻撃力5以上の厄介者が出てすぐに剣豪で処理したい」の両方のパターンが出てきて、片方だけ3積みだと結局対応できなくて負けるということが多発していました。

 結局、両方3積みがむしろ安定してしまったわけです。


 剣豪は別の側面もあります。

 ロイヤルでは貴重な、1体で2キルが取れるユニットです。

 他の勢力で言うドラゴンウォーリアや鉄槌の僧侶に当たる存在です。

 相手の攻撃力5~を斬って、さらに別の小型にも攻撃を仕掛けられるわけです。これは手数優位を取りたいロイヤルでは非常にありがたい存在だと言えます。

 端的にはフロントガードジェネラルを相手にするときが一番分かりやすいです。

 最初に将軍を真っ二つにして、遺志を継いだデブを剣豪で殴り殺して、せっかくの守護連打フォロワーが一瞬で消されて試合が終わってしまいます。


 実際の運用ではかなりの戦果が上がっていて、フローラルフェンサーと剣豪の3積みで勝率が大きく向上しています。

 やはり5Tのゴブリンマウントデーモンに対処できるのが一番大きいと思います。

 5TではPPを増やしてのドラゴンガードも脅威になります。剣豪で死にます。

 アリサの顔を殴っていると相手がキレてきて5Tから2枚戻しエンシェントエルフ進化をやってきます。剣豪で首が消えます。

 5Tクレリックランサー進化。素晴らしいですね。剣豪で黙ります。

 こちらの枚数減らすために4~5T悪戯ネクロ進化も良くあります。剣豪でさようなら。

 大型守護を駆逐してさらに5/4を展開できるのが大きく、6Tからセージコマンダーで決める流れに持っていきやすかったです。


 というわけでロイヤルの救世主、KENGOUの紹介でした。

 Fin

0 件のコメント:

コメントを投稿